少しのお酒と独り語り・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 北へ...♪ 〜その2・甘露☆〜

<<   作成日時 : 2018/01/30 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨夜はは早くに寝たせいか
それともリズミカルな音に誘われたか...
みんな早起き
早々に朝ご飯を食べに行くと
会場の窓からは
チセヌプリやモイワ山もクッキリと
ワクワクしてきますねェ

相変わらずガッツリの朝食もソコソコに
予定よりも早いバスでスキー場へ
いつもは朝ノンビリしちゃうだけどネ
さすがにこのコンディション
みんなウズウズして

画像
スキー場に到着すると
ゴンドラも動き出したばかり
アンヌプリ山頂もクッキリと
我先にとイキたいヒトタチでイッパイです

私らは山頂まで登りはしませんが
1000m台地のパウダーは
早く入りたいヨ〜

トップ10でスタートできるくらいのタイミング
上部の整備斜面もパウダーゾーンも
一番乗りに近いシュプール描けました
キモチイイィ〜

画像

アンヌプリ山頂も羊蹄山もクッキリ
ただ...午後から天気は下り坂
それが分かっていたから
とにかく気持ちよく滑れるウチに
ガンガンイッちゃいますよぉ

・・・ところが...ネ
アンヌプリからニセコヴィレッジへ
昨日慣らしてる二人は
余裕しゃくしゃくで滑ってだけど
初滑りになってる二人は
1時間も滑るとすでにアヤウクなってきた
画像
きゅ〜けぇ...って入ったのは
ニセコヴィレッジのヒルトンホテルのラウンジ
ヴィレッジから他に移動してから休憩
そ〜すればよかっただけど
下まで滑り終えたときに
結構疲れが見えてただよね
他の店はランチタイムからの営業らしく
マダやってなかった

C国人と思しき女性スタッフさんには
英語でサービスされかけたのは
ココで休でるのはほとんど外国人だからか

コーヒー一杯だってホテル価格です
サービス料も加算されて
チョイとお高いおビールになりましたわ...ネ

画像


画像
休んでるウチにも
少しずつ雲が出てきたみたいだ

それでもマダマダ気持ちいぃ雪を堪能しながら
ヴィレッジからヒラフへと移動

勝手知ったるゲレンデのハズだけど
少しずつ入れ替わりがあって
数え切れないほど乗ったリフトも
いつしか掛け替わってたりする

外国人客のおかげ...になるんだろ〜ナ
グランヒラフのゲレンデも
ひらふタウンもどんどん新しくなってる
これだけ投資できるスキー場が
今はどれだけあるだろう
画像

羊蹄山を正面に臨むフォトスポット
ナイターで見るといつも同じ気温で
動いてのか...といつも疑問
まぁ今日は...合ってっぽいかな

もう少し早く来るとヨカッタねぇ...
羊蹄山の山頂には
そろそろ雲が掛かってきてた

そして...

ひらふから花園ゲレンデに移るころ
とうとう周りが白くなってきたヨ
画像
天気予報通りだ
嬉しくない方に当たっちゃった...ネ
ホイじゃ休憩がてらランチにしましょ〜か

ジンギスカン丼...にしただけど
正直なトコ...ランチのメニューは何でもヨカッタ
特大のジョッキ
目的はど〜考えてもコレだった気がする
ところで...
つい先日まで糖質カットしてたってのは
ドコのドイツだ...

ランチを済ませても
上部の天候回復は望めない
シカタナイ...
グランヒラフ下部を滑ってましょうかね
画像

お宿近くには
コンビニ等無くて
ホテル価格のお酒を呑むしか無かった
そして500ml缶は売り切れてた...

今夜のお酒も調達したかった
ヨーロッパのリゾートのような街になってしまった
ヒラフタウンのコンビニ(SeicoMart)
ビールにワインにガラナ
その他いろいろ買って戻ります


雲の中の山頂を通って
アンヌプリへ戻るのはリスキーだから
ゲレンデ間を行き来してる
パスポート券で乗れるバスで戻ろう
画像
もぉ滑らないって二人には
ヒラフから直接宿に戻れるホテルのバスに
荷物と共に乗ってもらいたかったケド
タッチの差で間に合わなかったみたい

ヒラフのゲレンデを
2本余計に滑ったオイラ達と同じバスで
アンヌプリスキー場に戻り
スキー場からは宿のバスで帰ります


滑ってるウチは雲の中で真っ白だっただけだったケド
バスで移動するウチにかなり激しい雪になってきた
ヒラフからヴィレッジと各所を経由してくるバス
途中からは満員になってた
画像アンヌプリに到着したのは
本来宿バスが出る時刻を過ぎていたケド
連絡するように時刻設定してだろうな
待っててくれたヨ

アンヌプリのナイター滑るコトもできたケド
今日のトコロはもぉアガりましょ
チョイと狙ってるコトもあるし


昨日牡蠣が最後だった反省を含め
お風呂より先にご飯にしよう
...って結局2日目は
数量限定品は無かっただけどね
 (牡蠣はフライに...って前話でも書いたナ余程悔しかったか...
土曜の夜
団体サンも入ってたから早めに行ったのは正解でした
仲居さんもパタパタしてたし無くなっちゃう品もあったしね

画像
ツアーのサービスで
近くの宿の入浴無料券付いてた
食後窓の外見たら雪止んでた
腹ごなしのお散歩がてら
歩いて行けるホテルのお風呂へ...と
 (誰もツキあってはくれなかった

宿の温泉がいいのは解ってだけど
他所のも入ってみたいぢゃない
雲も晴れて星の見える雪道をザクッザクッ
風も止んで自分の足音しか聞こえない
一本道を歩くこと500mくらいかな
泊まってる宿とは格段に違う洒落たホテル

ちょうど夕食時間帯だったからか
お風呂も空いててゆっくりとできます
泊まってる宿に比べると
キレイだしサウナもあるけど
大きさは内風呂露天風呂とも普通でお湯は優しい...
画像循環してる風でもないけど
流れ込むお湯は少しサミシイな
まぁでもイイ感じだ

露天...寒っ
風除けがあるとはいえ
マイナス10℃の気温下
肩までシッカリ浸かって百数えよう

もぉ一つ目的があったのは
ホテルの売店でお土産物色
空港でもモチロン買うだけど
よりニセコや昆布温泉に特化したモノで
何かオモシロイの無いかなぁ...って
宿の売店はイマイチしょぼかったよね

売店見てるうちにピアノ曲が聞こえてきた
ロビーのBGMかな...と思ったら
生演奏してたヨ
画像
ダイナーがいくつかあったり
廊下の調度が工夫されてたり
泊まってる宿とはずいぶん違うなぁ

...値段も同じ行程で2万くらい違うだけど^^;

まぁ休憩したヒルトンもだけどさ
ちょっと頑張れば泊まれないワケぢゃないケド
ケチなオッサン4人に洒落っ気は不要だ
 (ご飯が美味しいのは重要なだが...)

外に出るとまた小雪が舞い出した
一応折り畳み傘も持ってきてる
差さないといけないほどの降りではないけケド
アタマ濡らして湯冷めしたくないしね
早く部屋に戻って呑もっと
画像
水割りの水は宿前でも汲める天然水
部屋の冷蔵庫には
ご自由にどうぞ...と入ってるケド
イチオウ沸かしてあるだろうな...


朝はみんな早かったし
一日滑って疲れただろうし
今夜も寝堕ち早いっすね
寝る前にも〜1回お風呂入って来よ
ランドリーバッグに缶ビール忍ばせるのでした(笑)


最終日の朝
天気が回復しないだろう...とは思ってた
窓から薄暗い外を眺めると
曇り空ながら雪降ってはいなさそうだ

ホッとしながら朝風呂に向かうと
露天風呂ではしっかり雪降ってた
暗くて見えてなかっただけ...か
画像
帰りのバスの時間が決まってるからね
滑るのはお昼まで...ダネ

昨日は予定より早いバスに乗れたくらい
朝から迅速な行動だったのに
今日は気分がアガらずノンビリ

アシの疲労と痛みが残って
1時間も滑れそうにないとかで
ソ●ちゃんは宿でゆっくりしてるコトに...


ゲレンデに行ってみると
山頂部強風でゴンドラが動いてない
一応リフト乗継ぎで上までは行けるみたいだけど
冷たい横風が強くて
フードの無いリフトはツライ
画像
初日同様に
フード付きクワッドリフトを回して
雪の状況の違いを楽しみながら滑るだけど
やっぱ気分が違うなァ

時折青空が覗くコトもあだけど
風は強いまま
ゴンドラも一時動いたケド
上まで何分かかるんだ
...ってくらいスローで乗るのは回避
 (乗っちゃったヒトが途中止まってタイヘンだったそうな...

寒いから休憩時もビールはチョットね
ホットワインでカラダ温めましょ

カップをコーヒー用の皿に載せて来たら
同じもの頼んだサ●〜クンが
『自分ばっかり!』
 (意訳:いっつもヒトと違うコトやりたがるだから〜
いや...
コレは写真撮るのに背景白くないとワインが見えないからダヨ
画像
お昼まで滑って
もぉ十分堪能したよ
宿に戻ってランチ食べて
さて...
最後にもぉ一度露天風呂
やや悔しいコトに風も止できて
 滑らなかったソ●ちゃんが先刻入った時は
 風が寒くて露天にはとてもいられなかったらしい
何組か露天風呂を楽しんでおりました

送る荷物をパッキングして出しちゃえば
アトはバスで帰るだけ
帰り道はさすがに寝たなぁ
ビールは呑んでたケドネ
画像
新千歳空港には予定より20分以上早く到着
ササッとお土産買い回り
今まではオヤジ用に魚とか干物とか見てただけど
もぉソレは無いな...とお菓子系ばかり
 (自分用の酒はちゃっかり買ってる

ただ...買い終わってから気づいたのは
ダイエット中のオフクロ
厳格な食事制限は終わってるとはいえ
いつもの定番菓子は避けた方がヨカッタかも
まぁいいか...一つ二つくらい
 (帰ったらホッケは?...って言われた

お土産カバンに詰め込んで
手荷物預けにカウンターに向かうと
そこにあったのは見慣れぬロッカー
画像地区のゴミ置き場のようなその箱が
自動手荷物預かりらしい...

ナニゲに入った列が自動の方だったようで...
正直なトコ機械を信用していないワタシ
オネ〜サンに預けたかったケド
ココで並び変わるのは
ナントナク負けた気がして機械にチャレンジ

荷物入れてQRコード読まして
アトはピッピッピ...と
タグを受け取って終了
通常先に確認されるX線も
重量チェックと共に箱の中で同時にやるみたい
簡単ではあるケド
ホントにダイジョ〜ブなのかな
画像
手続き終わって空港内で晩ごはん
毎回同じ店ばかりだったから
今回は変えてみた...ケド
いつもの方がヨカッタ?
 (ビールとツマミのオイラはドコでも大差ないですが...


帰りのフライトも順調で
多少揺れますとの先触もほとんど無く
定刻の到着

昼間のフライトに比べると
夜間飛行はどのあたり飛んでるか分からない
よほど特徴的な街の上空でないとね
画像高度を下げてきてようやく
あれ〜ドコだろ...
反対側なら名古屋の灯りが見えただろうケド
左側A列からは大きな街の灯りは見えなかった
街の上空と見えたのは岡崎とかだったのかな
結局形のワカル日間賀島を認識するまで
どこ飛んでるか把握できなかった...しょっく

セントレアに着陸して
荷物預けてないサ●〜クンとソ●ちゃんは
さっさと駅にダッシュ
急がないとみんな今日中にウチに帰れないからね

自動で荷物預けたガンちゃんとオイラ
ちゃんと来てるかなぁ...と思いながら
類似品を見たコト無い自分のバッグはすぐ出てきた一方で
ガンちゃんのはいつまでたっても出てこない
マヂかァ
画像
少し待ったモノの無事に到着はしており
受け取り次第ダッシュ
最終一本前の特急には間に合い
一応みんな当日中には帰り着けたようです

今回は(...も・・・か)最後バタバタしましたが
シッカリ楽しめましたね
みんな...いつもありがとぉ


ウチに帰り着き
荷物を下ろしたトコロで日付が変わった
このままゴロン...と堕ちれるケド
仕上げの一杯...呑みたいぢゃ

キモチよくユックリ休んで
明日(もぉ今日か...からのシゴト
リフレッシュして参りましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北へ...♪ 〜その2・甘露☆〜  少しのお酒と独り語り・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる