少しのお酒と独り語り・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS そして静岡☆ 〜箱根八里の♪〜

<<   作成日時 : 2017/07/28 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
2日目は箱根を回ります...が
レガちゃんのお食事もしておかないとね
山に登っちゃうとスタンドも限られるかな...と
一旦湯本に下りて給油

箱根湯本駅キレイになってるなぁ
新型の小田急特急停まってる
今到着したのかな

土曜朝の湯本はニギヤカです


1号線から登ると混んでそうだったから
旧道から登ろうか
画像
コチラのエリアは新しく建設中のホテルもあり
また違う顔が見れますね
な〜んかど〜なのって宗教施設(あえて神社とは書くまい)
畑宿の寄木細工の集落は少し興味あったケド
まずは元箱根まで登りたかったからパス
 (時速20キロで走る若葉チャンを
  ようやくにして追い越せた直後だったから
ちょっと残念なコトをした
見る「だけ」にしとけばオモシロイ施設だったみたいだ


向かったのはマジメな方の神社
箱根神社と九頭龍神社は
パワースポットとして大人気らしい
御利益は縁結びだとか
まぁ人気にもなりますわ...ナ

画像
箱根神社の駐車場はいっぱい
外国人も多いねぇ

杉の巨木が並ぶ神域では
『○○セヨ〜』言ってる団体サンが
ガイドの説明聴きながら参拝中
ガイドさんが何言ってるかワカラナイ中で
出てきた固有名詞
 『・・・サカァノウェノォタムラマリ〜・・・』
ワタシを含む周辺の数人が同時に
『まろ!』...って口が動いた(笑)


境内でもヒトが集まるトコロってのは
おそらく何かに紹介されてる場所なんだろうな
コレもドラゴンでしょうか
画像
本殿に参拝すると
お札所では箱根寄木細工の干支お守りがあった
さっき畑宿で寄らなかったコトもあり
ココはヒトツイタダイテまいりましょか
 (ン...年がバレる

九頭龍神社は別の場所...のハズですが
龍神水はコチラで...ってどゆこと
本殿脇に九頭龍神社新宮とあった
拝殿は随分新しいなぁ...

そ〜いや月次祭の時には
かなりの方が船で詣でてるのを見た覚えがあるわ
まぁ人気なコトはイイコトだ
拝殿も新しくできる


アチラの手水が竜神水です...とな
コレでありがたい...のか
 (いただいとるし...
画像

生では呑まないで...とのコトなので
翌朝沸かしたコーヒーに化けました^^;


絵馬の少ない絵馬殿
ヒトがゾロゾロ入ってくケド
お目当てはソコぢゃないらしい

抜けたトコに注連縄の回された大きな杉の木
ご神木かな...と思ったら
安産杉...とある

ふ〜んと眺めながら横に回ったら
・・・ナットク
画像

九頭龍神社は
船でしか参拝できないのかと思ってた
船しかなけりゃ時間が縛られちゃうから
参拝はあきらめるトコだったけど
歩いて行けるなら...とレガちゃん走らせましたが...ネ
どうやら駐車場と参拝道の入口になってる場所は
気づかずに通り過ぎてしまってたらしい

あら...残念

まぁいいや
神社は止めて大涌谷に黒たまご食べに行こう
画像

週末の大涌谷は渋滞するから
姥子に駐めて1区間ロープウェイで行くといい
そう言われて姥子駅に向かったら
駅前工事中でドコから入りゃいいんだ

ロータリーはアスファルト均したばっかに見える
工事車両も駐まってる砕石敷エリアが
一般の駐車場?
その脇のAバリ横から入るかな

出札口で1区間の往復切符買おうとしたら
 『大涌谷のガス濃度が高くて...
  もう少し上がると運行停止になります
・・・ってコトは帰れなくなる?
 『バスが出ますけどすぐには乗れないでしょうね』
 『多少駐車場待ちがあってもクルマの方が安心ですヨ

そ〜します
ロープウェイからも眺めたかったけどナ
画像

案の定大涌谷の駐車場は満車でしたが
待ちは300mほど
時間にして20分くらいですか
まぁ思ったほどでもなかったな


一時は立入もできなかった場所ですが
大盛況ですね
さすがに登山道の方には入れませんケド
名物黒たまごの販売所は結構な行列

モクモクと蒸気の立ち上る大涌谷
やはりガス濃度が高いみたい
呼吸が苦しいとか...って感じはなかっただけど
空気はコノアタリだけ霞んでる感じがします

画像


画像
ちょうどお昼時
ランチバイキングかカレーか蕎麦か
う〜んイマヒトツ琴線に触れないなぁ

土産物も物色しつつフラフラしてたら
イラッシャマセ〜オキマァリデスカ〜
アヤシゲな日本語に
半ば強引に連れ込まれてしまった

いただいたのは黒ラーメン
豚骨ラーメンだけど麺が黒い
もっとも...ただそれだけ
まぁ不味くは無いけどね
トッピングの卵は黒たまごなんだろうか
殻ムイてしまうとワカンナイからなぁ

画像
名物黒たまごは5個セット
一つ二つで買いたいヒト大勢いますが
カタクナに変わりませんね

いっぺんに喰えるのはせいぜい3個ですよ
 (ラーメンにも入ってたから今喰えるのは2個だ...
まぁ明日までに食べればいいらしい
少しずついただくとしましょうか

真っ黒なソフトクリームもあったケド
なんとなくこっちの方がイイかなって思った黒ソフト
チョコソフトだから黒って感じではない...ケド
ラスクが載ってる分オトクかなって(笑)

しかし...5秒で溶けます
ピンっとしたソフトクリームの写真撮るのは...ムリ
速攻でシャッター切ってパクッ
もぉ昨日の寸又峡のソフトよりもさらに短命
暑過ぎ...デス
画像

大涌谷をアトに仙石原へ
ススキの原も今は単なる湿原に見えますナ
《第三新東京市》...ネタもオイトイテ^^;

このあたりは美術館も多い
箱根に数ある美術館
彫刻の森やポーラ美術館とかは...
少し戻らないとだな
今日は暑いし屋外はイヤ
やっぱオッサン一人なら
かわいく星の王子さまミュージアムかな(笑)

スミマセン冗談です

ガラス見て...湯に浸かってました


画像


画像箱根の関所にも行ってみたかったケド
こっからマタ元箱根の方に戻るのもなんだかなぁ
そぉ思って御殿場方面に下りることにしました

別に目的があったワケでもなく
ただ富士山見えるかなァ
...ってゆぅくらいの感覚
やっぱ富士山が見えると見えないとでは
テンションがマッタク違う
 ・・・ニッポン人やねぇ

買い物好きなヒトなら
御殿場アウトレットに向かうトコでしょうが
その趣味は無いだなぁ

乙女峠を抜けて富士山が見えたら...
ささやかな希望でしたが
曇ってて山のカタチも見えません
残念...この天気なら登ってもダメだろうし
そのまま山梨へ抜けちゃう
画像
ふと買った土産物を
クーラーボックスに詰め直してたら
 (暑くて傷ぢゃう...チョコはあっとゆぅ間に溶けるし...
入れてあったウィスキーのボトルが目についた
そ〜だ蒸留所行こう


キリンの造るウィスキー《富士山麓》
造ってるのは確か御殿場
工場見学もさることながら
限定商品を買ってみたい...が本音

検索したら国道沿いだわ
昨年富士山から下りて来た時は気づかなかった
国道に合流したトコよか手前だったかな
画像

ニッカやサントリーに比べると
後発のキリンシーグラム
標高634m(スカイツリーと一緒の森の中にある蒸留所
それは白州と同様ですが
建物は普通の工場でイマイチ面白くない
・・・ケド
モルトとグレーンと両方造ってるって意味では
珍しい蒸留所...ではある

より力を入れてるのはグレーンの方らしい
ちなみにちょうど持ってたのは
 (昨夜呑めなかったヤツねorz)
ココのシングルモルトでした

画像
ドライバープレートを首から提げて
まずは工場見学
ちょうど始まったばかりのタイミングで
次回待つには少し長いナ
消防団と思しき団体サンご一行に
途中合流させてもらって回りました

モルトのポットスティルはよく見ますが
グレーンのケトルは見慣れないなぁ
まぁ工場の造りとしては似たようなもんだ

樽の貯蔵庫はガラス越しに眺めるだけ
ココに入りたかったなぁ

画像
皆さんがハイボール試飲してる横で
 (ハイボールの美味しい作り方...もメーカーによって少しずつ違う...)
ドライバーさんはソフトドリンク
ノンアルコール酎ハイもあるよってコトで
1杯はそれをいただきましょ


ガイドのオネ〜サンとおしゃべりして
蒸留所限定のボトルを購入
シングルモルトは持ってるからね
シングルグレーンをいただきます

ウチでオリジナルブレンドしちゃおうかw

画像
さ〜て夕方近くなってきた
この先ど〜しよ

当初予定だと
静岡は天気下り坂だから
日曜には山梨に...と思ってただけど
どうやら明日の天気も大丈夫そうだ

半年前に御殿場-山梨ルートは行ってるから
実のトコロはあまり食指が動かんのよ


そろそろ夕食も視野に入ってきてて
三島のウナギがアタマに浮かんできた
なにかヒットすればルートができてくる

三島でウナギ喰って
周辺で温泉入って今夜は車中泊だ
明日は断念したスカイウォーク再挑戦して
そっから先は明日考えよ
画像
御殿場から三島へは
裾野を通ってすぐですね
そ〜いや昔B〜ぐる団で来たときは
裾野水餃子食べたなぁ


国道を走らせてたら
路肩に小さく《駒門の風穴》との看板発見

穴...か
穴があったらイキたいワタシ

左折700m
周りには田畑と住宅しか見当たらないケド...

画像
行ってみたら脇道から団体サンがゾロゾロ
そんな人気スポットかぃ
近くにあった駐車場に入れて
見学終わった団体サンの胸プレート見たら
クラブ●ーリズム

ジブンの脳内で
記憶がカシャカシャと組み上がってくφ@@
旅行関係の新聞広告はよく見る
予約するためぢゃなくて
立ち寄りポイントの情報収集にさ
ココは行ったコトある
ココは行ってみたいなぁ
そんな風に眺めてるワケで...

クラ●ーのだったかは朧気だけど
バスツアーの目的地のヒトツで見た覚えがあったワ
いろいろ回る中で駒門の風穴って見て
こんなトコあったっけ...って思っただった

でもホントにこんな場所に
画像
住宅地の細道を田んぼに向かってくようなトコ
小さな神社のような森がその入口でした

ここから地下に穴が開いているらしい
富士山の噴火で流れた溶岩によりできた洞穴
長い年月を掛けて形成された鍾乳洞と違って
不可思議な造形のようなモノは目立たないケド
さざ波のような溶岩の流れた痕や
溶岩に埋もれた樹木の痕跡が残る
胎内樹型と呼ばれる穴もある
ココは富士山の溶岩流でできた風穴のウチでも
最も大きいもののヒトツだそうだ


地下に潜っていくと
おぉ〜涼しい
画像
内部に広がるは巨大なドーム
場所柄それほど深く潜ってるワケぢゃないから
天井から地表の厚さはそんなでもないだろう
岩盤だからよっぽど平気だと思うケド
突然陥没したら御陀仏だな

ドームから奥に本穴と枝穴が伸びてる
アシモトには水が溜まり
穴に入る部分の天井は極端に低くなってるから
潜り込むのもタイヘンだよ

家族連れで来てたおじょ〜ちゃんの声がする
れ●●チャンちっちゃいからへ〜きだよ

今だけはウラヤマシイと思うわ

意外と個人のお客サンも次から次へとやってくる中
入口付近のベンチで座ってるだけのカップルさんも
洞内からの冷風が流れてくるから静かで暗くて涼しい...イイ環境だね
画像
ただ...洞内の涼しさに浸ってしまうと
出てきたときに一気に蒸し暑さが襲ってくる
冷たい湧き水が美味しいネ


以前に三島で食べたうなぎ屋さんはもぉ無い
まぁ行けばいくらでもあるだろ...
土曜の夕方だし早めに行った方がいいべ

できたらお刺身も食べたいなぁ...と
目標にしたお店は駐車場が見当たらず
ナントナク『本日予約のみ』的な看板が見えたから
ココはあきらめよぅ

以前に来た店も近くだったケド
うなぎ屋サンはかたまってるあるナ
近くの別の店に行ったら
裏手の駐車場案内が見えたでココでけって〜

小さな店で
案内された2階は1席しか空いてなかった
画像
まだ18時前だったケド
ゴルフ帰りと思われる一団
熟年夫婦に家族連れ
人気のない店では無いってコトやね

メニューによると
刺身のつくモノは7〜8月はやらないそうだ
キチンと出せるほど入らないって言ってた...

オバチャンに聞いたら今日はマダ出せるってんで
鰻丼にお刺身のついた定食をお願いしました
ちょっとお高めでしたが
昨夜のお泊りがお値打ちだったからヨシ♪

お刺身...ボリュームは少なめですがなかなか良いモノが使われてます
鰻...ふんわり焼きの関東風の中ではシッカリ目に焼いてあります

いずれも美味美味☆

ただ...やっぱ鰻は地元が一番だわ^^;
好みの問題デスヨ...あくまでネ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして静岡☆ 〜箱根八里の♪〜 少しのお酒と独り語り・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる