少しのお酒と独り語り・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 北へ...2016 〜ロングアンドワイン☆ディングロード♪〜

<<   作成日時 : 2016/11/11 01:21   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今回の放浪記は
ソレナリにこまめに書いてきたツモリだけど
やっぱネタが多すぎてねぇ
旅を終えてからはや2ヶ月になっちゃいそう
北海道ではもぉ雪のの便りですよ
 (...ってカワイイモンぢゃなかったな

しばらくマジメに働いていて
平々凡々な毎日(...ホントかでしたが
そろそろアレやコレや...と
アトがつかえてきちゃいそう
ヤベヤベ...急がないと

長旅も最終日
今回が最終回になるか...は
ど〜なんでしょ〜か
画像

爆っと寝堕ちしたアトは
朝早くにお目覚めして
朝風呂でスッキリ

さて...この先はど〜したモノか

仙台界隈で半日アチコチ行って
アトは高速乗れば今日中には帰り着ける
...だけではオモシロクないな
それに
山形(鶴岡)〜秋田(角館)〜青森(八戸)
〜岩手(盛岡)〜宮城(仙台)と
東北各県を多少なりとも寄り道して来てっから
福島をハズスのはチョット手落ちになるなぁ

自分がいた時から大きく変わった交通が2つ
 (復旧したってのはいっぱいあるケドさ
仙台地下鉄東西線の開通と
常磐道と東部道路との接続
画像
マチナカにある地下鉄の入口は
チョイと興味惹かれるデザインでしたが
県南部の復興状況なんかも見たいしね
地下鉄はオイトイテ常磐道を通ってみるとしよう

早朝の青葉城趾にて政宗公にご挨拶だけして
仙台は...まぁそゆコトで


朝食にはらこ飯のお弁当を狙ってた
以前亘理の仮設市場で買ったコトがある
そろそろ出てるぢゃないかと思ってね

民営化してナントナク活気のあるようにみえる仙台空港や
周辺でたわわに実った稲穂の景色に確かな復興状況を感じながら
亘理の鳥の海へ向かいます
画像 画像













おぉコレが復興住宅ってヤツか
おぉ中学校が新しくなっとる
...などとイチイチ感心しながら
確かこの辺...と思った場所には何もない
画像
あれれ...場所違ったかな

4年半前のおぼろげな記憶に
少々自信を失いながら港近くをぐるっと回ると
真新しい建物が目についた

もしかして...と思って入ってみると
そんな雰囲気の産直市場
レジにいたオネェサンに
ココってあそこで仮設でやってたお店ですか
 『そ〜ですよ☆』

新しい店ができて仮設は取り壊したらしい
はらこ飯は...と
9月11日から...ガックシ
 (本日は9月7日...おしい)
画像
『鳥の海や荒浜すしサンではもぉ出てますよ
...とのオネ〜サンのコトバも
お弁当ではなくランチから...では
残念ながら待ってられないなぁ

もぉソコはスパッとあきらめて次です
常磐道に入ると相馬にサービスエリアがあるらしい
ソコのレストランなら
B1グランプリでも知られたなみえ焼きそばとか
ご当地モノが有るに違いない

新しい道路は快適ですね
ただ路肩とかに放射線量の表示があったり
二輪車通行制限の標識が出てきたり
まだ災害は終わらない...って実感させられる
画像

この地域の伝統行事
相馬野馬追を前面に押し出した南相馬鹿島SA
キレイでショップもじゅ〜じつしておりました
...
レストランの営業は11時から...とな
確かになみえ焼きそばもありましたが
...ココもダメか

このまま常磐道を南下するツモリはないのですヨ
富岡まで高速乗って
あぶくま洞に行くつもりでしたから
 ホントは双葉町から国道入ると近かったケド...通行止めでしたの

次のPAはその先かぁ
...というコトで方針変更
高速下りて6号線へ出れば南相馬に道の駅があるさ


南相馬ICで下りるクルマはたくさん
ただ...ETCレーンは閑散としてて一般レーンに数珠繋ぎ
何で... って一瞬思ったケド
つまりは被災で通行無料のミナサマってワケですね
画像

平日ですが道の駅は駐車場がいっぱい
店の方にはそれほどのヒトがいたワケぢゃないから
併設のイベントホールとかで何かしてたかも
でもオイラは食堂直行
オープンしたばっか(ヨカッタぁの食堂にて
なみえ焼きそばをいただきます

特徴は太麺ってコトくらい
具はもやしと豚肉
太麺に絡めるからソースは濃いめですね
甘そうだったで唐辛子はチト多めに
ふつ〜に美味い焼きそば...でしたね

画像
さて...ココから南
浪江、双葉、大熊、富岡...と国道6号は続き
福島第一原発事故による
帰宅困難区域に入っていきます

行き交うダンプと作業員を運ぶバス
交差点には全てゲートが設置されて進入規制
国道沿線の家々も
門が閉鎖されたまま荒れ放題

遠く原発施設も望めますが
このアタリはまだまだ
先の展望がマッタク開けないですね
画像 画像












画像
国道を逸れ内陸に入る道が
コトゴトク通行止めになっているため
山に向かって曲がれたのは
富岡ICに向かう道になってようやく

山道にはいるとスグ立派なダムがあった
ナビには...載ってない
 (2010年竣工だそうです
クルマ停めて出歩けるような雰囲気でもないので
窓からパチクリ...っとしてオシマイ


続いて現れたのは
ナントナク意味ありげな時計表示
画像知ってるヒトはピンと来る
「おおたかどや山標準電波送信所」が
川内村にありましたね
震災の時は2ヶ月くらい停まったらしいですが
電波時計の標準電波を発信している場所でした
 さすがに送信所に向かおうとは思わなかったですがね


さてズンズン走ってあぶくま洞に到着です
仙台時代には来なかったですね...そ〜いや
 ...穴好きのくせに
厳寒の龍泉洞には行ったケド...
 そ〜いや龍泉洞は台風で大変なコトになってたナ
画像
迎えてくれる巨大な石灰岩の崖
この地下に自然の造形美が眠っている
そう思うとワクワクしてきます

平日ですからネ
お客サンもほとんどいまい...って思ってたら
結構若いヒトらもいましたネ

写真何枚も撮りながらユックリ見ていくワタシ
どんどん追い越されていくのです

内部はスバラシイのヒトコトです
鍾乳石がさまざまな造形を為して
不思議な地下世界を形作ってます
画像
ライトアップされてるから
今コレを見る僕らはウワァ...って思うケド
最初に入ったヒトは
真っ暗闇の中にわずかな照明で進んだだよな
少しずつ目に映る造形にドキドキして
全体を照らして見えるようになった時は
想像以上のオドロキだったろうなナ


洞内にワインが貯蔵してありました
地元産のヤマブドウから造ったそうです
 (醸造はサッポロビールに委託だってさ
画像
龍泉洞では日本酒だった気がするケド
年間を通じてヒンヤリとした
一定の温度が保たれてるから
こうしたモノの保存や熟成には最適なんだね
勝沼はトンネルでだったな

ショップで売ってる...とのコトだったんで
コレは土産に買ってかないと...
 いったいワイン何本目だ...

ただ...少々ナットクがいかないのは
洞窟内に寝かせたのと普通に寝かせたのとで
同じワインなのに400円の値段差があるってコト
売価で25%の違いです
画像
仕込みは昨年のブドウですから
醸造・瓶詰めして洞窟に置いた...っても
せいぜい数ヶ月のコト
熟成...ってホドでもないでしょうし
そもそも洞窟なら環境がいいで放置でしょ
普通に寝かせる方が管理手間が掛かるはず

まぁ付加価値なんてそんなモンだ
いいんです 美味しかったから


さぁそろそろ帰路につかないと
高速に乗っちゃう前にヒトアセ流したいナ
...あとは...と
近くに三春ダムってあんね
ダムカード...あるぢゃん  寄ってコ

画像
滝桜で有名な三春です
ダム湖近くも桜の樹がいっぱい
滝桜以外にも名の知れた桜があるようですが
いかんせん時季ではありませんので...

ダム湖は複雑な形状
ナビの地図は平面形しか示されないから
湖のカタチ見ただけでは
ドコがダムかわかんない
真ん中に見えるあの橋を渡ってくのかなぁ
コレまで見てきたダムに比べると
湖面の状況はふつ〜だね

画像


画像ナビより看板を頼りにぐる〜っと回ると
展示施設も併設された立派なダム
平日にもかかわらず数組の家族連れと
なにやら職場研修っぽい集団

ダムを展望するトコで
お役所の若手サン達かなぁ
紹介パネルも見ながらダムの説明を受けてた
そのままパネル放置してあったケド...
ええかね

管理施設の方ではなく
資料展示館の方でカードは配ってた
受付のオバチャンにカード貰いながら
台風の雨の影響を聞いただけど
数日は満水だったケド
もぉ落ち着いて普段より少し多いくらいだってサ
やはり北の方が酷かっただな
画像

ヒトツ惜しいコトをしたよ
お昼をかなり回ってただけど
あまり空腹を感じてなかった
あぶくま洞近くでも蕎麦屋サン結構あったケド
あまり食指が動かなくてスルーしたくらいで
それでもココにあったらしい
ダムカレーは食べておくべきだったかなぁ...って

ダムカレー...全国に何カ所かありますが
ライスをダムの堤体に
ルーをそれに堰き止めた湖に見立てて
アトはそれぞれに飾ったカレーです

味はふつ〜のカレーでしょうが
話のネタにはなったよな〜

画像

さぁ最後の寄り道は...温泉
福島県にもタクサンの温泉がありますが
あまり遠回りになっちゃうトコは避けよう

磐梯熱海温泉ならスグ近くだし
そのまま高速に乗れるぞ
共同浴場もあるし
ホテルの立ち寄り入浴も結構できる
 (立派なホテルはやはり高い...

湯元元湯...と名のつく割には安いやんけ
 (下から読んでも湯元元湯...笑
向かった施設は
たいそうヒナビタ(笑)共同浴場
つぶれてぢゃないの...と
旅館っぽいガラス戸を覗いてたら
 『に〜ちゃん風呂入るか』
通りすがりのオッチャンの声
 『そっちやない...ソコの路地入ったトコや』
 『クルマ停めれのか...ソコの角の空地の2台分はココのやでエエヨ』
ご親切にありがとぉございます

200円払って中に入ると
レトロな浴室に地元のオッチャン達がいっぱい
熱い湯とヌルめの湯(コッチが掛け流しかな...
ひたすら顔を浸けてうつぶせで浮いてるヒト居て
オイ大丈夫か...と心配になったりして...
画像
決してキレイなお風呂ではありませんでしたが
お湯はカナリ良さそう
スッキリ汗も流せてカラダもシャッキリです

そしたらようやくオナカが空いてきた
マダ陽はあって夕食には少し早いケド
とりあえず喰っておこうか
これから高速600キロあるけんね
ど〜せもぉ1回喰うことになろうし

思い浮かんだのが
喜多方ラーメンと会津ソースカツ丼
喜多方まで行くのも面倒だし
ソースカツ丼はアレの記憶が強くて...さすがに今は喰えない
4時台ではマダ営業時間前かもしれない...しなァ

高速インターがスグだったから
サービスエリアでなんか軽く喰えるだろ〜サ
画像
やっぱイロイロありましたよ
喜多方ラーメンやソースカツ丼
お蕎麦にこづゆも

そんな中で惹かれたのは塩川とりもつ
甲府の鶏モツがB1グランプリで知られたモンですが
現在は喜多方市になってる旧塩川町の名物だそうな
あはは...ワタシとしたコトが 初見でアリマス
ならば...と素直にいかず
塩川とりもつねぎ塩ラーメン...ってヒネクレモノォ

鶏モツって言ってますが実際は鶏皮のようですね
甘じょっぱく煮て白髪ネギと併せて塩ラーメンへ
美味くないわけがない
皮からアブラが結構出ますが
味わいはスッキリして美味でしたヨ〜
画像

山頂はやや雲に隠されてたモノの
雄大な磐梯山の姿を眺めて東北に別れを告げます
新潟に向かって走り出すと
ちょうど陽が沈んでいくトコロ
ま...まぶしぃ...

新潟中央ジャンクションまで戻ってくると
ちょうど東北も一周したカタチですね
アトは走る
眠くなったら...寝る


帰り道も姨捨まで来て再び夜景を眺め
 行きよりも活動時間帯な時間だから... 少し華やかな気がします

画像


画像まだギリ営業してたレストランで
またラーメン喰って...ってオイ
だってぇ...
地元味噌蔵「たかむら」の蔵出し粒味噌を使用...って
なんかとっても美味そうだっただもん
いや...美味かったッスよ マヂで


その後は休み休みオヤスミオヤスミ
一度寝だすと際限なく...
何度も休憩しながらウチに着いた時には
結局日付変更線をズイブン超えておりました
ヒト眠りしたらシゴトあのにねェ

まぁ無理して走ってアブナイ目に遭うより
シッカリ寝て遅くなった方がマシってモンです
画像

4000キロの長丁場
終わった感慨も味わう間もなく爆堕ち
目が覚めたら一気に日常でしたネ
オシゴトオシゴト

もともとスケジュールを
シッカリ空けてあった週だったから
中6日の登板になりましたが
シゴトが溜まりこで...ってなってなかった

少なからずやりきれなかったモノもあったケド
長丁場の旅行で気分リフレッシュ
さぁこの秋はシゴト(それなりに...頑張るとしますか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北へ...2016 〜ロングアンドワイン☆ディングロード♪〜  少しのお酒と独り語り・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる